プロフィール

顔の半分がおでこ?

小さいころからおでこが広かった私は、おでこが広いことをずっと小ばかにされる人生でした。

子供の頃は「顔の半分がおでこ」とまで言われていました。

小さい頃はそれも「可愛い」という味方をされますが、そんなのは小学生まで。中学に入り、思春期にもなれば激しいコンプレックスへと変わります。

そのせいで、床屋でのオーダーは「おでこが目立たない様に」が基本です。

高校生になるとコンプレックスは激しさを増します。周りの友人には「デコ」呼ばわりされるし、彼女もできないしで、気がつけば学校に行きたくないと思うようになりました。

 

父も祖父もはげだったこともあって、周りからは「おまえは絶対ハゲる」と言われ続ける青春時代を過ごしてきました。

 

私は、はげてない

そして月日が流れて、おでこを隠して40年も生きて来ました。

残念ながらおでこは狭くならないので、基本的なコンプレックスは変わらないのですが、周りに胸を張って自慢できることがあります。

 

私はハゲてない

 

おでこが広いことがコンプレックスな私は、他の人より「はげたくない」思いが強かったかもしれませんが、30歳頃から「はげたくない」思いでケアを続けてきたことで、40歳になってもハゲていません。

 

私のことを「おまえは絶対はげる」とバカにしてきた同級生たちの多くは完全に「はげモード」です。

 

そうです。今や立場が逆転しました。

 

今の私は、仕事も残業続きで生活は不規則。お酒を飲む事が息抜きなので、疲れた足でよく飲みにも行っています。

 

でもハゲてはいません。

 

その理由は簡単なケアを毎日行っているからだと思います。何もしていなかったらきっと今頃はいわゆる”バーコード”になっていたことと思います。

 

本当にはげる前に、早いうちからのメンテナンスが大切だと痛感しています。

 

ハゲてしまってからはやす、つまり0を1にするよりも、生えている状態をキープ、1を減らさない方がよっぽど楽です。

 

私はそう思って、簡単に出来ることを毎日続けているだけです。

 

私がずっと続けていること2つ

私がずっと続けていることは、たった2つだけです。

  1. 1日1錠のフィンペシア
  2. 1日1回のカークランドミノキシジル

これを続ける事で、はげを予防できています。

 

フィンペシアは、プロペシアのいわゆるジェネリックです。

カークランドミノキシジルは、リアップのいわゆるジェネリックです。

とちらも本家を続けることは、私のサラリーでは到底不可能ですが、ジェネリックたったら無理なく続ける事ができます。

 

治療をするならお医者さんへ

ちなみに、20代の頃、美容クリニック、植毛相談、AGAカウンセリングなども何件か行ってみてもらいました。

 

その経験から言えることは、美容・植毛系クリニックは「お金を払わせることが前提」で、不安心理をあおってくるので絶対に行っちゃダメです。大して診察するわけでもないのに「確実にはげてくるから、早くお金を払って治療を始めなさい」と言われます。

 

一方、AGA治療院では、ちゃんとしたお医者さんが診察してくれて、アドバイスをくれました。そしてそのお医者さんは言ってくれました。

「今のままでまだ大丈夫。まだ治療は必要ないよ」と。

なので、心配だったらまずはお医者さんへ行くことをお勧めします。