スピロノラクトンとフィナステリドの抜け毛に対する働きの違いについて図解で解説

抜け毛防止・ハゲ予防に効果のある成分として、フィナステリドの他にもスピロノラクトンというものがあります。フィナステリドとスピロノラクトンはどちらも「抜け毛を防ぐ」という効果が同じなので、よく比較されることがあります。そこで、スピロノラクトンとフィナステリドのハゲ対策に関しての違いを図を使って簡潔に説明します。

スピロノラクトンの効果

スピロノラクトンは女性ホルモン作用を持ち、毛包にあるレセプター(受容体)に付着してデストステロンが作用するのを防いで、脱毛を予防します。また、男性ホルモンを抑制する力もあり、女性の脱毛症にも効果的です。

 

皮脂腺から分泌される5α還元酵素が毛包の受容体と付着、作用して脱毛を予防

 

スピロノラクトンは毛包の萎縮を起こすことなくヘアサイクルを改善するので、正常なサイズまで毛髪を成長させて、コシのある毛髪を作ることができるという特徴もあります。

 

毛包とは

毛を包む”さや”として頭皮の内側で毛根を包むように存在し、髪の毛がつくられます。そして毛包には、髪の毛の成長に影響を及ぼすDHTなどの男性ホルモンが結合するための受容体(レセプター)が存在します。


なお、スピロノラクトンは通常「利尿剤」として使われます。またニキビ治療に対する効果が高く、「ニキビに対する最強の治療薬」とも言われ、一般の皮膚科でも処方されています。

ニキビ治療の効果についてはこちらの皮膚科のホームページで写真つきで掲載されています。

 

フィナステリドの効果

もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分でしたが、投与した患者の髪が生えてきたことから、今では男性型脱毛症の治療薬として世界中で利用されていて、日本皮膚科学会も推奨度は最高のAランクとしています。

AGAの主な原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)は、皮脂腺より分泌される5α還元酵素という物質によって、男性ホルモンのテストステロンが変化させられた物質のこと。

このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容と結合してしまうと、脱毛の原因になってしまいます。

フィナステリドは、脱毛の原因の根源である5α還元酵素に働きかけ、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化するのを防ぐ(生成そのものを阻害する)働きがあります。

 

皮脂腺から分泌される5α還元酵素がテストステロンと結合する事を防ぐ

 

スピロノラクトンの副作用について

スピロノラクトンは本来利尿剤として利用するので、はげ対策として内服使用する場合は、頻尿などの副作用もあります。また、女性ホルモンの作用をもち、男性ホルモンの抑制をしますので、「性欲がへる」「乳房に痛みがでる」などの性ホルモンに関する症状が出る場合もあります(服用をやめれば
おさまります)。

スピロノラクトンで最も飲まれているのはアルダクトン-A(Aldactone)です。

内服タイプと違い、外用タイプでしたら副作用の心配が少ないので比較的安心して始められますね。

このリグロースラボSP2は口コミでも評判は良く、副作用も出ていない方がほとんどです。

スピロノラクトンについてのまとめ

以上のように、スピロノラクトンはフィナステリドとは脱毛に対するアプローチが違いますので、プロペシアなどフィナステリドの効果が感じられなかった男性、またはフィナステリドを使用できない女性の脱毛抑制にも効果が期待できる可能性があります。

フィナステリド、スピロノラクトン、いずれにしても副作用がある場合がありますので、十分に注意してください。心配な方はまずお医者さんに診てもらうようにしましょう。

リグロースラボをSP2チェックしてみる