推奨度Aランクのハゲ予防、フィナステリドとは?効果、副作用、飲み方についてのまとめ

フィナステリドとは、薬効成分の名称です。商品名でもっとも有名なものは「プロペシア」です。他に、「フィナロイド」「フィンペシア」などがあります。

では、フィナステリドとは何なのでしょうか、また、どうしてハゲ予防に効果が期待できるのでしょうか??

フィナステリドは推奨度Aランク

日本皮膚科学学会が発表している「男性型および女性型脱毛診療ガイドライン2017年版」によると、発毛・育毛でもっとも効果が期待できる方法として、次の3つをAランクとして発表しています。

  • フィナステリドの内服
  • デュタステリドの内服
  • ミノキシジルの外用

ちなみに、診療ガイドラインでは推奨レベルを5段階ランク付けされています。

  •  A.行うよう強く勧める
  •  B.行うよう勧める
  •  C1.行ってもよい
  •  C2.行わないほうがよい
  •  D.行うべきではない

下記よりガイドラインのPDFをご覧いただけます。

日本皮膚科学会ガイドライン 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

 

フィナステリドの内服は薄毛に対する効果、副作用などが研究された結果、日本皮膚科学会が「Aランク・行うように強く勧める」としていて、男性のハゲ対策としてもっとも効果があるとされているのです。当然、ハゲ予防にも高い効果が期待できます。

 

フィナステリドはハゲ予防に効果がある理由

AGAの原因はジヒドロテストステロン(DHT)にあります。

男性ホルモンの一種テストステロンは睾丸で作られ、血液を通じて頭髪の毛乳頭まで到達します。そこで皮脂腺から分泌される5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

このジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛ホルモンとも言われ、毛母細胞の中心にある毛乳頭の働きを阻害してしまい、髪を成長させたり栄養を届けたりすることができなくなってしまいます。

その結果ヘアサイクルが乱れて、成長期が早く終わってしまい、抜け毛が進行して行ってしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼに働きかけて、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで、抜け毛を防いでくれます。

抜け毛を防いでハゲ予防!

 

フィナステリドはもともと別の症状の治療薬だった

ちなみに、フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として、アメリカで発表されましたが、その臨床試験の過程で、患者さんの前立腺肥大症が改善するとともに患者さんの髪が増えていったんです。

それから研究を重ねた結果、AGAに高い効果があることがわかり、さらに研究が勧められました。

研究実績を受けて、1997年にアメリカ食品医薬品局でAGAの治療薬として認可を受けて、世界にも広まっていきました。

 

フィナステリドは長く続けると効果的

フィナステリドは即効性があるものではありません。長く続けることでより効果を維持できるのです。通常、効果を実感できるまでに3ヶ月以上、6ヶ月以上の継続を推奨しています。

また、服用を止めてしまうとまた元に戻ってしまうので、できればずっと飲み続けるつもりでいると良いのではないでしょうか。

私はもうすぐ10年経ちます。

 

フィナステリドの飲み方

1日で最大1mgを摂取することができます。プロペシアをはじめとしたフィンペシア、フィナロイドなどのフィナステリド剤は、1錠が1mgになっていますので、1日1錠を服用します。

時間帯などによる効果の違いはありませんので、自分の都合に合わせて朝、昼、夜、寝る前などいつ飲んでも大丈夫です。定期的に飲むために、朝、昼、夜、寝る前などのいつも飲む時間を決めておくと良いですね。

ただし、夜に晩酌を楽しむことがある場合は、夜以外に飲むようにしましょう。

 

フィナステリドに副作用はある?

フィナステリドは副作用が軽微であるということも特徴です。国内外の臨床試験でも深刻な副作用は報告されていません。

それでも副作用が全く無いわけではありませんので、念の為確認しておきましょう。

性欲が減ってしまう可能性

フィナステリドは男性ホルモンを抑制しますので、性欲が減ってしまう可能性があります。また男性機能の低下も可能性としてないわけではありません。

ですが、どちらも発症率は2%以下ですので、確率はかなり低いです。またこのどちらも精神的な影響が大きいので、フィナステリドだけが原因かどうかははっきりしないということもあります。

妊活中の方で、心配になる方はフィナステリドの服用は避けたほうがいいですね。心配することのストレスも髪に良くないです。妊活中の方にはリアップなどの外用ミノキシジルでハゲ予防をすることをお勧めします。
はげてからじゃ遅い!?リアップはハゲる前から始めるのが効果的
はげてからでは遅いです。はげは早めにケアを始めておけば、予防することができるのです。リアップなら街のドラッグストアでも気軽に購入できますね。

 

やる気がなくなってしまう可能性

男性ホルモンにはやる気の向上や行動力を活発化させる働きがあると言われています。フィナステリドで男性ホルモンを抑制してしまいますので、やる気が出ず沈んだ気持ちになってしまう可能性があるようです。

しかし、これの発症率は1%ほどですので、あまり神経質に心配しなくても良いのではないでしょうか。

 

(注意)女性は服用できません!

妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると、胎児に悪影響がでる可能性が指摘されています。また、女性がフィナステリドを服用するともともと少ない男性ホルモンがさらに減少してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

女性の治療としては日本皮膚科学会も推奨度「Dランク・行うべきでない」としています!

 

フィナステリドの入手方法

フィナステリドは医薬品になりますので、通常は医師の診断に基づいて処方されることになります。末長くお付き合いしていく可能性もあることですので、まずはじめにAGAクリニックに行って、医師の診断を受けてみることをお勧めします。

▼お勧めのAGAクリニックはヘアメディカルです▼

 

もしも、すでに過去に医師の診断を受けていて、フィナステリドを飲んだことがあるようでしたら、個人輸入代行業者を通して、お得にフィナステリドを購入してください。

▼フィナロイド▼

▼フィンペシア▼

 

フィナロイドとフィンペシアの違いについては、こちらをご覧ください。

はげ予防に効果的なフィンペシアとフィナロイド、匂い・サイズ等を飲んで比べてみました
はげ予防にも効果的なフィナステリド。オオサカ堂でもいくつかの種類が販売されています。主成分はどちらも同じく「フィナステリド1mg」です。オオサカ堂で人気No.1とNo.2のフィナステリドを購入して比較してみました。